一刀会 プロフィール


    

団 体 名 旭町小 一 刀 会
設  立   昭和45年設立 (故:串田勝己氏)
組   織
松戸市剣道連盟所属 支部団体
運      地域児童健全育成団体を主として運営
指 導 者 指導者は成人ボランティア剣士が指導
会員資格 幼児〜 (年齢・性別問わず)
稽古場所  松戸市立 旭町小学校 体育館 
住  所  千葉県松戸市旭町1丁目20−2
案 内 図 
 ← クリック
そ の 他  一刀会」は通称であり、同名の団体も関東には存在する関係と
 現在は旭町小学校体育館で稽古を実施している関係により現在
 の正式名称は「旭町小 一刀会」となっております。
 *1月〜3月は足袋(剣道用)の使用は認めます。
 
 *4月〜3月まで一度も休まず稽古参加者には皆勤賞あり。
      ※当剣道団体は営利目的の団体ではありません。
   地域の児童健全育成を主とする教室です。
   交友会費は活動に必要な経費としての金額です。

剣道には「打って反省、打たれて感謝」という言葉があります。
・「打って反省」・・・ 本当に正しい心で無駄なく打ち込めたか常に自己反省すること。
・「打たれて感謝」・・・ 打たれることで、自分の隙を教えてくれた相手に感謝すること。
剣道の精神論になってしまいますが、相手に対する感謝の気持ちを忘れず、切磋琢磨する精神です。
いくら段位に差があっても、共に教わる事があり、常に謙虚であれと言う意味も込められています。
尊い命のやりとりを、竹刀を通じて、「打って反省、打たれて感謝」と、敬いの気持ちでお互いを認め、心と技と身体の、三身一体の育成を図ること、それが、現代私たちが剣道を学ぶ大きな意義だと考えています。
現在、一刀会では、小学生を始め、中学、高校、大学、一般と、年齢は6歳位から50歳以上の人々が、世代を超えて幅広く、「交剣知愛」のもと、稽古しています。


◎一刀会は、剣道初心者の方から経験者の方まで、剣道を楽しく取り組むことができる環境の剣道団体です。

◎幼稚園児から、ご年配の方まで、剣道にご興味がある方は誰でも剣道をすることが出来る環境です。

◎少年・少女の会員は基本的には稽古日には稽古参加(出欠制)となっております。

◎大人の方は、参加できる時に無理しない範囲で稽古に参加いただければと思います。

◎一刀会の少年部卒業生は、現在も警察官や各種大会上位入賞や国体強化選手として活躍しております。