稽古仲間を募集


    


・・・ 随時、新規会員募集をしております ・・・ 

☆ ★ ☆ 《 下記リンクボタンをクリックにて表示します。 》 ☆ ★ ☆      
    
          
ポスター掲示ご協力店舗の紹介
ポスター掲示ご協力店舗の紹介



当、剣道教室は青少年健全育成を第一目標に活動しています。
幼児から大人まで剣道を通し日本古来の武道〔剣道〕を楽しみながら健康促進及び身体と精神を鍛錬等目的達成を目指しています。
剣道を通じて正しい姿勢、丈夫な体、積極性、礼儀作法などを身につけ、特に何事にも一生懸命・誠実に取り組み最後まで負けない強い気持ちが育まれ自分を貫き通すことができる人間になるように目指しています。
技術の習得はもちろんですが、剣道を通して人間形成の稽古を行っています。              
経験者、未経験者問いません。
是非ご参加下さい。楽しく汗を流しましょう!
 
 体験入部(無料)も実施しております。

一刀会では、幼稚園児から小学生の子供達が、地元の剣道経験者の大人たちの指導のもと、元気一杯稽古に励んでいます。
 少しでも剣道に興味のある方、自分の子供に剣道を学ばせてみたいと思われている方は、是非、当会の稽古を見学に来てください!

ただ、実際に見学に行くとなると少し敷居が高いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
オープン参加の剣道体験教室も随時開催しております。
剣道における礼儀作法や木刀や竹刀を使った打突を実際に経験していただき、その厳粛さや楽しさを体感いただきたいと思います。
お気軽にご参加ください!

「どこまでも強く、やさしく、気高く、そして美しく」心は決して動じない。
気高く、相手には決して弱みを見せず、自分を愛し他人を愛する。
いつもひたむきにまっすぐに。
たとえどんな相手でも気持ちで負けない、後には引かない。
内なる強さにこそ宿る美しさを。たくましさと、強さを。
プライドと自尊心を。やさしさと、愛情深さを。
あきらめない執着心と、ただでは起きない底力を。
剣道には「心の有様・生き様」がそのまま現れる。
剣道の修練とは相手との戦いではなく,正に自分の心との戦いである。
生涯、困難や苦難にも立ち向かい、どんな事にもくじけず、勝利をめざし
人生を幸せに楽しく「生き抜く力」を。強い心を。
だからこそ剣道には底知れぬ魅力と奥深さが秘められている。


 見 学 


昔から「百聞は一見に如かず」といいます。ぜひ一度、稽古のご見学を。
稽古場所にいる大人(父兄・先生)に声をかけてください。
身体や年齢などで不安に思っている方は、それほど心配する必要はないでしょう。
剣道の基本動作などは単純ですので、やってみると意外と簡単に出来ると思います。
まずは何度か見学させてもらってはいかがでしょうか。
見学は入会に関係なく、いつでも誰でも歓迎いたします。


 入会時期 


入会はいつでも歓迎いたします。
稽古場所にて稽古前後に先生方にお申し出くださるか、交友会(父兄)へご連絡ください。
なお、初回の稽古は、申し込みのあった月の翌週より初回の稽古日とさせて頂きます。

 入会対象者 


小学生以上に関しましては、年齢性別を問いません。
小学生未満の未就学児童及び中学生以上(大人)に関しましては、
個別に相談させてください。  
   
お子様と一緒の“親子入会”大歓迎です。
現在、多くの親子参加の方がいらっしゃいます。

 最初に用意するもの 
        
          
初回の稽古は運動のできる服装(ジャージ等)で来て頂ければ結構です。
剣道具等は下記参照。
自己紹介をして頂きますので、「学校名と学年、ご自分の名前」を述べ、大きな声で
「よろしくお願いします」程度の挨拶はできるよう、心の準備もお忘れなく。 

 剣道具 
                 
野球・サッカー・ドッヂボール等々、何でもやろうとすれば段階に合わせて多少はお金が掛かるとは思います。
剣道をするにはお金がかかると思われがちですが、実はそれほどお金はかかりません。
防具などは耐久品です。子供ならば成長によって買い換えも必要となりますが、神経質で無い方であれば無料貸出品(中古)も道場にはございます。
剣道用具さえ揃えれば、剣道を習うための月会費等も安いところが多いので思っているほど高くはないんです。
例えば高いと思われている防具ならば買ってから稽古量の多い成人でも4〜5年(それ以上)はもつんです。

・道着/袴は成長によりサイズが変化しますので自分の物を揃えることをオススメします。
 自分の道着/袴にはネームも入り子供のヤル気を出すアイテムにもなることでしょう。
・竹刀は新品の物を購入して頂きたいと思われます。
・剣道具は、技術と知識の習得具合を指導員が見て判断し、徐々に使用させます。

初心者には先輩達のお古や中古品の防具を着用することをお勧めします。
中古品をお探しの場合はお申し出くだされば周辺に声をかけてみます。
中古品の斡旋に協力してくださるサイト様や、中古品を取り扱っている武道具店もあります。
  (理由)
  ●新品の防具は硬いので動きにくい。中古品は柔らかいので動きやすい。
  ●子供の場合、成長により、体のサイズに防具が合わなくなる。
  ●新品防具の購入は、稽古を頑張ったご褒美としたほうが、励みになる。

☆順番的には、
   1)礼法と足裁きが出来るようになったら、竹刀を使用。
   2)基本的な素振りが出来るようになったら、剣道着と袴を着用。
   3)打ち込み棒への打突が出来るようになったら、胴と垂を着用。
   4)対人打突が出来るようになったら、籠手(こて)を着用。
   5)体当りが出来るようになったら、面を着用。(これで完全装備)
   というようになるかと思います。
     
☆一刀会ではサイズが合えば防具等(中古)は無料にて貸し出し致します。

☆最初から面や胴等の剣道具を揃える必要はありません。
  (道着類は購入をお勧めします。)

一度、稽古の見学にお越し下さい。面白さが判るかもしれません。


 月謝 

       
社会人剣士が、自身の稽古のかたわらボランティアで指導しますので、
月謝《入会金・年会費等を含み》はありません(頂いてはおりません)が
一刀会の交友会の運営費用として会費(¥1000/月)頂いています。